なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

本の紹介、仕事に役立つ技、豊橋の紹介などなど

好きな本の時となんとなく好きでない本の読書スピードの差

1週間に1冊は読みたいと思っているので細切れ時間を見つけては、読書タイムにしていますが、ここのところ全く読むスピードが上がりません。

しかもスッと入ってこない。

 

読んでてピンときてない時は大抵そうだ。

自分自身の経験に、リンクしてないからこそ、ピンとこないのだけど、正直言って苦痛ではあります。

じゃあこの本を読み続けるのかどうか。それは次に読む本に出会うまでは読むパターン。

 

とはいえ、楽しむための時間に苦痛を感じてたら時間がもったいないので、思い切ってやめるというのも大切な決断。

お金も大冊だけど、時間も大切。

 

よくこのパターンに陥るのは、原書が外国語(欧米)のものだったり、日本語でもかなりマニアックというか難しい事を解説している本。

作者がどんな意図で書いたのか、その気持ちにはものすごく興味あります。

ただ、読みにくい。

 

好きな本の時、ものすごくスピードが早く、ビジネス書でも2〜3時間で読めてしまう。

自分の経験にリンクしてスッと入ってくるからだろう。

 

そう思うと、40歳をすぎてもまだまだ経験不足だなと感じる。アンテナを張って、情報を掴むだけでなく、足と手を使って行動も必要だし、たくさん考えておしゃべりする事も大切だなと気付きます。