なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

本の紹介、仕事に役立つ技、豊橋の紹介などなど

対話が足りているか

思っていたのと違う。

日々の生活でも仕事でも、そう感じる事はたびたびあると思います。

 

特に、

「◯◯はこうして欲しい。」

って”願う”時ほど、その願いは叶わない。

 

やはりお互いが何かをする時には、コミュニケーションが必要です。

仕事でも席にずっと座っておらずにメンバーと意見交換をしているか。

特に、どうしたら上手くいくのか。どうしたら順調になるのか。

そういったことは願っているだけではいけない。

 

やはり、対話が大切です。

私は◯◯ができる。

私は◯◯をやってみたい。

あなたならできる。

あなたにはこんなことをやってもらいたい。

私はあんなことがちょっと苦手だ。

過去に(良くも悪くも)こういう事もあった。

深く対話をすればするほど、何ができるのか関わる人同士でわかってきます。

 

交渉ごとは特にそう。

どこまで対話ができているかで、結果は出るのかなと感じる。

 

今一度見直ししたい。

対話が足りているか。

どれだけ対話に時間を投入できているか。

思い込みで物事を進めていないだろうか。

ちょっとした事でも、相手に伝えているか。

対話ができているかどうか。

 

対話がどれだけできてるかで結果が分かれることもよくあります。

今、もし自分自身が描いた結果通りになっていないことで、自分一人が努力すれば解決することなのか、誰かとの関わりがあることなのかを整理し、後者であれば対話が必要なのかなと。

みんな時間がなかなかない中だけれど、対話をする。意識してどうありたいのかを考える時間を作れるようにしたいですね。