なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

本の紹介、仕事に役立つ技、豊橋の紹介などなど

住民税計算と所得更正

いわゆる申告期限内に控除できるものがあったのに間に合わなかったり忘れてたとした場合、随時的に申告はできます。

 

確定申告の場合は税務署に電話でお尋ねしてから、予約して行く事になるし、市区町村での住民税の申告であれば開庁時間に材料持っていけばできます。

急いで住民税計算を変えてもらいたい場合は、先に市区町村役場へ行く方が良いですね。

所得税でいうところの還付の申告は5年以内ならできます。収入の申告漏れがあったりすると重加算税がかかるようですので、申告期限に間に合うように準備しておくべきですね。

 

さて、後で申告をして所得更正があった場合は、住民税計算も再計算されます。

その分控除されて税額が変更になる。

過去の年度であれば還付になるけれど、今の年度の分だと全額納付していなければ、翌年度までの税額が減る仕組みになってます。

 

もちろん、所得更正によってさまざまな住民サービスに影響する場合もある。何かの階層や区分が変わったりして、負担軽減になったり。

 

正直なところ、制度的には後でもできるのですが、最初から一度で済ませておいた方が楽なのかなって思ったりもします。ただ、後で漏れに気づいた時はそういう機会があるという事は知っておいた方が良いですね。