なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【読書】兵法三十六計

守屋洋先生の解説による文庫本読みました。

f:id:sp-nakacha:20210926154919j:image

兵法といえば、『孫子の兵法』が有名で、多くのビジネス書でも扱われています。

他にもいろんな戦略に関する古典はあるのですが、なかなか取り上げられる事がありません。

この三十六計は読んで字の如く、36の戦略についての紹介。

そして、副題の、「力」ではなく「頭」で勝つための戦略・戦術とあるように、力でねじ伏せるだけが戦いではないという事を、歴史的事実を引用しながら解説してくださっています。

 

36の戦略については、外交交渉によって相手の意図を封じ込めることや、謀略によって相手の力を削ぎ、内部崩壊にみちびくことを重視し、いかに損失を防ぐかを説いているような感じです。

瞞天過海、囲魏救趙、借刀殺人、以逸待労に始まり、反間計、苦肉計、連環計、走為上まで、三国志や楚漢戦争、秦の始皇帝、戦国時代、その他世界史の重要な戦いを引き合いに出しており、非常に想像しやすい内容になっている。

 

何と言っても印象的なのは、最後。

逃げる事も大切な戦略。

これは不確実な現代社会だからこそ、大切な要素ではないかと感じている。