なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【読書】公務員が読むと良い公務員本以外の本 (その1)

今回は本の感想ではなく、リストアップです。

公務員業界の人は、”公務員の◯◯”というような本(いわゆる公務員本)を読みがちです。

同じ業界内で活躍している人の本だし、実務にも役立つ事が多いから、あながち間違いではないと思いますが、世界は広い。

 

※僕も公務員本は大好きだし、たくさん読まさせてもらってるし、多くの学びを得ていますので、著者の皆さんには感謝をしています。

 

世界の広さを知ったら、「これ、もしかしたら役所の業界でも使えるんじゃね?」という気持ちも芽生えてきたり、いろんな価値観を知ることだけでも仕事に役立ちます。

 

ということで、リストアップだけですが、僕からのおすすめ本をご紹介。

 ⒈著名人の書いた本

橋下徹さん

・実行力

・異端のすすめ

・交渉力

・生き方革命(堀江貴文さんと共著)

 

佐藤優さん

・人に強くなる極意

・知的再武装60のヒント

 

田端信太郎さん

・ブランド人になれ

・これからのお金の教科書

・これからの会社員の教科書

・部下を育ててはいけない

 

⒉古典・哲学系

現代語訳シリーズ

・般若心経

・論語と算盤

・学問のすすめ

 

中国哲学

・韓非子

・人生を導く最強の論語

・流されるな流れろ

・菜根譚

・呻吟語

 

⒊おまけ

その2へ続きます。

自分の知らない世界はまだまだたくさんあるので、実用書系以外でも小説は積極的に読みたいところ。

読書することで知らない世界がもっと拓けます。