なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【手帳】スマホでぽちぽち管理へ

毎年、6月下旬から7月くらいになると翌年の手帳をどうしようか悩み始めます。

手帳選びは本当に楽しい。

いろんな手帳のいろんな良いところが気になって、ワクワクしてしまいます。

毎年いろんな手帳を試すのが楽しくて、一定のものにならないのも悩みの一つです。

 ⒈僕自身の手帳の歴史は

ほぼ日手帳

2015年ジブン手帳

2016年キャンパスダイアリー

2017年愛知県手帳

2018年EDiT週間ノートゆるバーチカル

2019年日の長さを感じる手帳

2020年MDダイアリー

2021年Ca.Crea(カクリエ)

といった具合にメインの手帳が毎年変わります。

 

元々、ほぼ日手帳には日記も併用しており、その流れでジブン手帳の付属のideaというノートにも日記を書いていました。その流れで日記は毎日つけるようになっていたため、平成29年(2017年)から日記帳は別のものにしました。

そうするとなるとシンプルにスケジュール管理がメインになってきます。

気づきのノートは別に用意していましたが、小さいといえども荷物が多くなるのでノートページの多い手帳に変更。

 

カクリエはノートとして使う分と、手帳として使う分の2冊体制のため、余裕を持って使えるのがまた良いですが、A4サイズがベースなのでやはり大きい。(胸ポケットには入ります)

やっぱりどうしても荷物を減らしたいという思いが強くもなります。

大きいノートなら使い勝手も良いですが、荷物的な制限も出てくるわけです。

 

⒉ついに紙の手帳を卒業へ

普段肌身離さず持つものといえばスマホ。

これからはスマホをベースにしよう。

そう考え始めました。

というのもなんとなくアプリを色々眺めていたらモレスキンをはじめスタイリッシュな手帳アプリもたくさん。

しかしながらここはGoogleカレンダーの基礎機能でかなり使えるのでこれ以上の課金はやめておきます。 

 とはいえ、

 そう、バレットジャーナル的な使い方を検討。

 

ということで、今のスマホへどんどん予定を書き加えていっております。

そして使っていない、ポケットサイズのモレスキンやロルバーンのノートの出番。

どこまで上手くできるだろうか、これから試してみます。