なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

持ってる道具が違うというのはそもそもの間違い

コロナ禍で釣りやキャンプがブームになっていますね。

確かに密を避けられるし、かつ外で遊べる。気分転換にはたまらないです。

 

僕自身もコレまで以上に釣りに興味を持って動いています。

普段は秋のハゼ釣りしかしていませんでしたが、たまたま目の前でヒラメを釣っている人を見かけてから、”釣ってみたい!”という欲にかられて早朝に表浜まで出かける事がありました。

 

 ⒈釣れない

コレまで早朝に出かけたのは日の出前後。

現場に到着すると多くの釣り人たちが既にいるわけです。

 時期的にダメなのかと思っていましたが、そうでもないようです。

釣具店のホームページでは釣果が載っている。

しかも行った日に近くの浜で。

 

原因は気付きつつあった。

飛距離だ。

 

⒉装備そのものが

 波打ち際でやっているので濡れます。

潮干狩りで使う用にと買った胴長は装備としては正解。これにライフジャケットも必要でしょう。

 

で、問題は竿。

先ほども”飛距離が問題”と述べましたが、今使ってたのはちょい投げ用。

20mくらいが最長の飛距離です。

鳥の群れは40〜50m先にいる。

そもそもこれだったんだと気付きました。

 

⒊思い切って竿を購入

ネットで調べると今はいろんな情報があります。

これでした知識はある程度わかりますが、実物が見てみたい。

という事で中古の竿も売ってる釣具屋さんに行ってみた。

店員さんには以下3点の条件を伝える。

・表浜サーフで釣りをしたい

・ヒラメを釣るのが憧れ

・予算は1万円

 そう、予算は思い切って1万円を設定しました。

ネットで調べると、良い竿は3万円以上します。

それでもエントリーモデルなら1万円前後でもあるとのこと。

覚悟を決めました。

「信長の野望」を買うのは後回しにして、釣竿を買うことにしたのです。

 

店員さんからは2つの竿を紹介してもらった。

・新品で7千円のもの

→初心者向け。飛距離は出る。本当にエントリーモデル。おそらく中級者以上は使わない。

・中古で1万円のもの

→本当は中古でも2万円だった。操作性が良い。初球から中級の経験者でも使っている。

という事で、後者を選びました。

収納式ではなく、継ぎ足し式なんですね。

 

コレで次回、まずはかっ飛ばすところからリスタートです。

 

釣りは奥深い。