なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

人に伝えやすい箇条書き

情熱的に取り組んでいると、ついつい文章も熱くなりがちです。

それはそれで大事ですが、竜のように長い文章になってしまうと読む気がなくなってしまう。

と言うことで、たくさん何かを伝えるにしても、箇条書き風にするとスッキリすることが多いので、活用したいですね。

 ⒈何かの案内文

◯月◯日午前7時に豊橋公園にてジョギング交流会を行います。参加費は無料ですが、各自でジョギングのできる服装と靴とタオルと飲み物をご持参ください。集合場所は鉄櫓前です。当日はスタート時間に人数を把握したいので、参加申し込みを□月□日までに添付の参加申し込み表に記入の上、ご提出ください。

といった案内文があったとします。

これくらいの長さであればそんなに苦にはならないと思いますが、箇条書きで整理するとみやすくなる可能性が高いですね。

 

ジョギング交流会について

⒈日 時 ◯月◯日午前7時

⒉場 所 豊橋公園(鉄櫓前に集合)

⒊参加費 無料

⒋持ち物 ジョギングのできる服装、靴、タオル、飲み物

⒌申し込み期限 □月□日(添付の参加申し込み票にて)

いかがでしょうか。

ちょっと機械的かもしれませんが、ちょっとはみやすくなっていると思います。

場面によりますが、使い分けると良いです。

 

⒉SNSで伝える場合も

やはり熱い思いがあるとものすごく長くなってしまいます。

文字数が限られているTwitterの場合だと入りきらないこともしばしば。

だからこそこんなやり方で。

→某人気漫画から抜粋のセリフですので悪しからずご了承ください。

 

他にも、 

 これくらいなら伝わりやすいかな。

 

どうしてもたくさん伝えたい時には、さらに箇条書きを画像にして貼り付けるという方法もあります。

 

 気持ちを揺さぶる文章が書ける人なら、長い文章の方が活かせると思いますが、文章書くのが苦手だなと自覚している人は箇条書きがおすすめです。

 

 自分の思考を整理する時にも、羅列するように箇条書気をしても良いですね。

よく研修なんかでもある、付箋にキーワード書いていく感じで。

 

箇条書きにしておくと、

「私から伝えたいことは◯点あります。」

といった具合にも使えますね。

 

さらに箇条書きにしたことを物語風に文章に変換することも練習しても良いです。

逆パターンね。

 

ぜひ、箇条書きを上手く活用して思いが伝わるようにしたいですね。