なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

寝付きが悪い夜は

時々、眠いのになかなか眠れない時ってありませんか?

そんな時に試していることを紹介したいと思います。

 

というのも、ここのところなかなか眠れず、困っていますので自分自身に対する復習でもあります。

 ⒈体操やストレッチ

これはよく言われる王道的なものだと思います。

のんびりと2、30分くらいストレッチ。

肩周りや下半身を入念にやっておくと、寝付きが良くなる事があります。

お布団の上でもできるから良いですよね。

 

⒉読書

リラックスするためにいかがでしょうか。

漫画でもどんなジャンルでも良いと思います。

寝落ちには注意しましょう。

それから、部屋を明るくする必要があるので、寝る直前にはしっかり電気は消しましょうね。

 

⒊ひたすら目を瞑る

横になって、目を瞑る。

その時にいろんな思いが逡巡したり、「寝れねー」という思いが巡ったり。

そんなこともあるかもしれませんが、実は寝ていることもあります。

そういう時に限って、眠りが浅いので、少しストレスかもしれません。

もう動きたくない時はこれかな。

 

⒋むしろ刺激的にスマホを

これはあまりオススメではありませんが、スマホをなんとなく眺める。

横になりながら。

面白い記事でも流すように読む。

気付いたら寝落ちしていることもあります。

翌日の朝、充電が切れて作動しないスマホが転がっていることもしばしば。

やっぱりあまりオススメできません。

 

⒌満腹まで食べない

もう少し食べたい。

そう思えるくらいの量の晩ごはんが良いかも。

というのは満腹の時に限って寝れないことも多いし、逆流性食道炎のリスクもあります。

満腹まで食べない。

翌日の朝ごはんも美味しくなります。

お腹すいて寝れないっていう事がない程度に食べましょう。

 

⒍星空を眺める

もしかしたら早く寝るのをやめて、星空を見てみたら?

という暗示かもしれません。

令和2年の夏は夜もかなり暑いですが、晴れていれば南の空にさそり座が大きく見えるでしょう。

赤く光る星がアンタレス。

時間帯によるけれど、木星も大きめに見えます。

これで心が鎮まればラッキーですね。

 

⒎まとめ

いかがでしょうか。

全部をやるわけではないですが、どれか一つ。

または組み合わせで案外眠りに入る事ができます。

翌日のパフォーマンスを考えたら、睡眠時間は6〜8時間くらい確保したいですね。

うまくコントロールしてよく寝ましょう。

 

つづく