なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【手帳】1マイ手帳活用法試してます。

カンミ堂さんの1マイ手帳。

これを本格的に活用しようと考えています。

というのも、ついに、Ca Crea(カクリエ)というA4を3分の1にしたノートを本格活用するためには必要なアイテムかなと感じているから。

 

どんな使い方を考えているか、順番に紹介してみようと思います。

 

 

 ⒈カンミ堂さんのホームページからできること

それは1マイ手帳をダウンロードすることから。

www.kanmido.co.jp

ここのホームページから順番に進んでいくと、Googleカレンダーとの連携認証の画面に遷移します。

まず、Googleカレンダーにスケジュールを登録していなくてもOK。

まっさらな状態でも印刷できるのです。

しかもバーチカル。

 

日付設定は月曜始まりからで、7日表示にすることで土日は欄が小さいものの、平日仕事をしている人にとっては、かなり使い勝手が良いです。

 

時間設定は14時間分の設定ができます。

ここでしっかり考えておきたいのは、このバーチカルを何の用事で使うかをしっかり決めておいてください。

例えば仕事のログで使うのであれば仕事の時間が中心になるようにしておくべきです。

もし朝の時間を中心に、朝活ログを作ろうと思っているのなら、午前3時から始めても良いでしょう。※午前3時から始めると午後5時までの時間表しかできません。

 

僕はお試しではありますが、職場に一週間常設するために8時から22時の設定にしました。

PDF設定にして印刷すると、きれいに印刷できますね。

 

⒉実際の使い方

試用期間と位置づけしているので、まだCa.Creaに挟むといったことはしておりません。

職場のデスクに置くことにしました。

細かいメモなどは書きません。

・どの時間帯に

・何をして

・誰かに会ったか

その3項目くらいです。

 

細かいメモはいつもの手帳にしていくのは変えない。

 

このバーチカルを活用したログ管理、始めるきっかけは、

やることが多い!(汗)

からです。

ToDoリストも作りますが、チェックマークだけして終わりにしてると、いつやったのか忘れてしまいます。

1日の振り返りも含めて、やってきたことを書き出してみるということで始めてみました。

 

このやり方がどれくらい良い具合になるかはまず、二週間くらいやっていくと効果を実感できるのかなと信じています。

 

⒊手書きの手帳は大好きだけど

デジタルガジェットとの併用はこれからの大きな役割を果たすのではないかと。

というのも、

こんな風に考えているのですが、トラブルが発生しました。

 

愛用のジェットストリームのインクが打ち合わせ中になくなってしまったのです。

手帳に書けない。。。

仕事中にスマホにピコピコとメモを書いていくのは、少し抵抗がありますが何も書かずにいると忘れてしまいますので、元々Googleカレンダーに入れておいたスケジュールのメモ欄に打ち合わせの要旨を書いて解決。

アナログとデジタル。

どちらかしか使っちゃいけないルールじゃないですもんね。

基本は手書きですが、併用しているといざという時に応用が効きます。

 

今回の1マイ手帳の試用でまた新たな気づきに出会えそうです。

自分自身の行動の記録用に良いと思いますよー。