なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【読書】俺か、俺以外か。ローランドという生き方

夫婦でローランドさんにハマっています。

かっこいいですよ。

 

ホストと聞くと、どんなイメージがありますか?

あまり良いイメージが浮かばないのではないでしょうか。

だからこそでしょうか、ローランドさんが歌舞伎町で最も有名で伝説的なホストになったのでしょう。

ものすごく素敵な印象です。

 

⒈本の前に、ローランドさんを早く知るには

ご本人のYouTubeが良いです。

まず、話し方がものすごく丁寧。

気遣いというか気配りができる人なんだなと感じますよ。

www.youtube.com

生き方も極めて合理的。

目標設定をしたら、そこまで紆余曲折しない。まっすぐ向かってる。

それだけの強さを感じています。

動画は5分から15分くらいが大半なので、洗濯物干しながら聞いたりできますね。

 

⒉著書について

この世には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か。

カッコイイ!

f:id:sp-nakacha:20200723165454j:plain

表紙から魅力的

なんだか傲慢な人?って思うかもしれない。

僕も第一印象はそうでした。

動画でもそうだけど、本でもそうです。

全く傲慢ではないです。

自分自身にものすごく自信を持ってるのはすごいことだと思いますよ。

 

中でも印象的な言葉がいくつかありました。

・タキシードを着ると所作が綺麗になる

→緩い服を着ているとだらしなくなる

・身に着ける宝飾はせいぜい機械式腕時計だけで良い

→不要な飾りをつけず、自分自身の肉体や姿形を整える

・俺クラスになると鏡とジャンケンしても勝つ自信がある

→言葉の意味はわからないが、とにかくすごい自信だ

笑いがあれば、たいていのことは上手くいく

→笑顔が幸運をもたらすのは人生の重要な要素

 

その他、珠玉の名言集があって、刺さります。

こういう考え方があるんだって、びっくりさせられる。

 

⒊それぞれの人生どう生きるか

やはり悔いなく生きたいですよね。

だったとしたら選択肢はやるか、やるかのどちらか。

 

僕は自治体職員なのですが、事業についてやらされているというモチベーションではいけないなと考えました。

そこで思いついた境地が、

業界は違うけれど、考え方、生き方、ものすごく共感したので、すぐに自分バージョンに置き換えました。

働く人も住んでいる人も、誇りを持てる街にしていきたいな。

そう思ったのでした。

 

全く違う業界の人の本を読むと、違う世界が見える。

同じ業界の輪にいるだけでは決してわからない。

だからこそ、一歩外に出よう。

読書はその最も簡単な手段だなと感じたのでした。

 

ローランドさん、ありがとう

 

つづく