なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【豊橋】のんほいパークナイトズー始まってるよ

豊橋の動物園、のんほいパーク。

夏の風物詩、ナイトズーが始まっています。

土日祝の夕方から夜にかけてやってる一大イベント。

令和2年のオススメしたいポイントをいくつか。

 

 ⒈開園時間と入場料

土日祝の午後4時30分から午後9時30分。

入場料は、前日までに前売り券を買っておけば、大人は1200円、小中学生は600円。

当日券だと大人は1400円、小中学生は700円。

普段の入場料の倍しますが、チラシにも書いてあります。

動物×グルメでワクワク度200%

夏の夜だからこそ体験できる、ワクワクは料金以上のものがあると言う事なのです。

 

ちなみに、駐車場料金はこの時間帯は無料。(昼間営業の時は一回200円)

 

⒉注目の内容は

夜の動物園だからこそ見られる、動物の夜の行動。

結構昼間だと寝てる動物もいることに反して、夜になると活発になってる動物いますね。

f:id:sp-nakacha:20200715060435j:plain

 

動物はもちろん、普段とは違う姿が見られるからものすごく、ワクワクする。

 

子連れで出かける時はぜひやってみたいのが、ナイトZOO探検キット!

別料金で500円かかるけれど、毎日定員が500人限定の面白イベント。

午後5時過ぎに動物園に入場すると、売り切れになることもあるくらいの人気。

要するに、動物園の中のいろんな秘密を知るためのイベント。

 

さらに、動物園内にある自然史博物館。

これも暗闇博物館探検というコーナーがあり、普段は煌々と照らされた博物館内だけど、どんな風に見えるのか、とても気になりますね。

ちなみに、のんほいパークの自然史博物館には、本物の恐竜の全身骨格標本が展示されています。

 

⒊お店も充実

毎年毎年、パワーアップしてるのが、星空ナイトマーケットの充実ぶり。

フードコーナーはたくさんの店舗が並ぶので、晩ご飯で自宅からお弁当を持ってこなくてもOK。

その他にも体験イベントが盛り沢山。

何年か前は、ドローンを飛ばす体験もありました。結構難しいね。

 

さらに、ご飯食べながら、大道芸も見られちゃう。

火を扱う迫力のショーから、アクロバティックなことまで、楽しみ要素が多いですよ。

 

 

⒋遊園地エリアも料金に含まれてます

日中の営業だと遊園地の料金は個別に支払いますが、ナイトズーの時間帯は、遊園地の料金も含まれています。

・のんほいコースター

・バルカン伝説

・メリーゴーランド

などなど、人気の乗り物が楽しめる。

ただし、結構待ち時間が長くなるので、動物見るのが目的の場合は、避けた方が良いかもしれません。

バルカン伝説は景品もらえませんが、家族や友人と訪れたなら、得点争いでめっちゃ盛り上がりますよ。

 

⒌まとめ

その他にも、無料の遊具があったり、今まで開放されていなかった芝生ゾーンが利用できたり。

今までのナイトズーと比べるとかなりパワーUPしています。

豊橋の人だけでなく、近隣の街からもお出かけにオススメですよ。

ちょっと遠くの人でも、土曜日に来て、動物園で遊んで、豊橋市内で宿泊して、翌日モーニングたべて、昼は豊橋カレーうどん食べてゆっくり帰宅。というコースもオススメ。

 

新型コロナウイルスで警戒が必要だけれど、せっかくの夏。

楽しめる要素があるのんほいパークのナイトズーにお出かけしてみよう。

※我が家は1シーズンに3回行った事があります。それくらい楽しい。

 

ちなみにのんほいパークのホームページは

www.nonhoi.jp

 

Twitterは