なかちゃんねる ~ひろさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【手帳】ジブン手帳は初心者の人にオススメ

よーし、手帳に色々書き込んで、管理をしっかりするぞ!

と意気込んで手帳を使い始めるじゃないですか。

 

 

そこで、ほぼ日手帳の公式ガイドブックを買って、いろんな使い方を見て、猛者達みたいに使いたいと思って真似をしてみる。

それで結構挫折してきた人は多いと思います。

1日1ページの手帳の良さは、日記みたいに使える事。

それを念頭に置いておけば、きっと挫折しないはずです。

 

ところで、初心者の人で、手帳をたくさん使いこなしたい人には、僕はコクヨのジブン手帳をお勧めします。

 ⒈ビズじゃない方ね

ジブン手帳もスタイリッシュなビズもかっこいいけれど、通常版が良い。

なんでかっていうと、これ、何年も使えるから。

ライフっていう冊子、人生設計の事考えるのに良いと思うよ。

 

で、本編の方の中身なんですけど、内容が充実すぎる。

・マンスリー

・ウィークリーはバーチカル

・月間ガントチャート

これだけ入っていて、結構薄い。

紙質が良いのですよね。

 

バーチカルがあると、時間の感覚が可視化できてわかりやすい。

 

⒉マンスリーの使い方

やはりマンスリーは予定を主に入れる事でしょう。

この手帳は、全体的に方眼罫になっているので、文字もばらつきにくい。

そして、マンスリーの左側には、ToDoが書けるように、四角のチェックボックスもある。

書き込みまくれるわけだ。

しかもサイズ大きいから、予定もそれなりに書いていける。

 

人によるけれど、細めのボールペンが良いかな。

僕ならジェットストリームエッジか、サラサクリップの0.38を使う。

 

⒊バーチカルの使い方

地味に24時間表記になっています。

と言っても深夜帯はかなり細かいです。

朝活の人にはちょっと物足りないかもしれない。

 

それでも、行動履歴を書くにはすごく使い勝手が良い。

丁寧に朝昼夜のご飯書く欄があったり、気分はどんな感じか。とか僕は体重をメモしてましたけど、一言メモかけたり。

 

バーチカルのポイントは、予定をここに入れない事だと思ってる。

家族の用事など、自分に影響のある事は書いておくことがあるけれど、自分自身の予定に関しては、マンスリーで管理して、バーチカルにはその結果を書くようにしておく。

そうした方が、メリハリがつく。

 

⒋月間ガントチャート

プロセスの管理などに便利なガントチャート。

これは人によって使い方が分かれるところだと思います。

 

何かの計画があれば、それを書いていけば良い。

 

僕が使っていたやり方は、毎日のルーチン。

ちゃんと取り組めば、○をつけるというもの。

丸の数が多いと嬉しい。

少ないと、何か原因があるので、生活を見直すきっかけになる。

 

 

⒌まとめ

書くと覚えるって言います。

自分の予定を書く。

やったことを書く。

最初はフォーマットがしっかりした手帳使うと、楽しくなってくるよ。

型にハマりすぎず、自分のできることをやっていけば良いです。

 

楽しい手帳ライフを送りましょう。

つづく