なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【三河弁】愛すべき可愛い言葉たち

方言っていいですよね。

 

僕は好きです。

僕は愛知県の蒲郡市で生まれ育ち、豊橋市に住む東三河在住の人ですが、三河弁も西三河と東三河で若干違うじゃんね。

f:id:sp-nakacha:20191029061000j:plain

方言を駆使して、言葉のキャッチボールしたら楽しいよね。


 

 ⒈好きな例文

 この、”こしゃる”って言う言い方、可愛いと思いませんか?

”こさえる”が変化したものですけど、90歳くらいのおばあちゃんが使うともちろんのこと、高校生の男女の会話とかで使ってもらえたら嬉しいです。

 

 2絶滅危惧種的なワード

僕は自転車のことを意地でも”チャリ”と呼びません。

”ケッタ”と言います。

なんとなく、スピード感のある言葉だと思いませんか?

”自転車”だと5文字の音で、”チャリ”だと2文字の音。

”ケッタ”は2文字の音だけど、小さい”つ”が入っている分、スピード感があるように思えます。

 

もう一度、”ケッタマシン”までいかなくても、”ケッタ”と呼ぶ文化を再興できたらいいなぁ。

 

⒊もうちょっと隅の方に。。。 

 これは少し通じにくいかもしれないけれど。。。

 ”ぐろ”→隅っていう意味。

お祭りでのぼり旗立てる時も近所のおじさんから、「やい、ぐろの方持っとくれん。(ねぇ、隅の方を持ってね。)」って頼まれたことは多々あり。

これ使いこなしたら上級者かもしれない。

 

⒋まとめ

王道の「じゃん・だら・りん」を筆頭に可愛い言い回しの多い三河弁。

意識して使って、文化を感じることができたらいいなと思う。

 

つづく