なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【手帳】繁忙期にどこまで使いこなせるか

手帳活用は本当に楽しいし、難しい。

 

毎年悩ましい活用法。

 

f:id:sp-nakacha:20191008064131j:plain

今日は身近な人から聞いた手帳活用例です。

 ⒈繁忙期も閑散期も影響なしの使い方

後輩で仕事がすごく出来る人物がいて、彼の手帳は、キャンパスダイアリー。

すごいよね。

ついついウィークリーとかに何か書き込みしたくなっちゃうのだけど、最小限のマンスリーのみ。

しかも、A6サイズだからコンパクトに持てて、ノート自体も薄い。

マンスリーにはびっしりと書き込みが。

 

それだけで充分なのかもしれないという衝撃を受けました。

 

⒉ウィークリーにひたすら予定を書き込むタイプ

次の人です。

本当に予定しか書かない。

ログはむしろ残さない。

ただし、予定が全て正確に入っているため、ログを残さなくても、その予定が結果になっているパターン。

 

すごいよね。

きっちりした性格じゃないとできないね。

何かの拍子でズレた時も大丈夫なように”余白の時間”も取ってありました。

 

⒊全てをGoogleカレンダーで

これも一つの手段だと思う。

スマートフォンのバッテリー次第だけど、ペンと手帳を持つという手間を省いた形。

メモも取らず、ボイレコ機能をフル活用。

または、エバーノートにブルートゥースキーボード使ってガチャガチャ入力したり、Googleカレンダーの詳細書く欄にガチャガチャ入力したり。

これは徹底していると面白いかもしれない。

 

⒋ちなみに僕の手帳は、、、

ウィークリーがバーチカルのとっても使い勝手の良い手帳なのですが、、、

マンスリーに予定を書くことで精一杯になっています。

ウィークリーのページには職場で休む人のメモがあったり、時々ログを書いたり。

後半戦になって、いわゆる繁忙期になると全く使いこなせないのはこの10年くらいの課題。

とても良い手帳なのに、もったいない。

もう少し手帳と向き合う時間を。。。

と思っているところです。

 

ただし、ログはきっちり書かなくても、日記は毎日書いておりますので、振り返りはできている。つもりです(汗)

 

ウィークリーに埋まってないと何かストレス〜、ってなるのが嫌なので、来年の手帳は思い切ってマンスリーのみの物にしたのでした。

 

もう一度行動を見直しして、手帳の活用を再考しなければと自省中です。

 

面白い手帳活用方法を見つけたらまたお知らせしまーす。

 

つづく