なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【読書】漫画で学ぶ歴史の真実。

何年か前に、明智憲三郎氏の著書、《本能寺431年目の真実》を読んでましたが、それが漫画になっていたので、改めて読むことに。

 

f:id:sp-nakacha:20191003063648j:plain

どんなリーダーについていきたいですか?

 ⒈タイトルはネットには載せられないけれど。。。

 この漫画です。

 一般的に、明智光秀は信長の8歳程度年齢が上とされていましたが、そこからさらに12歳上。

信長とは20歳くらい年齢が違うというのが、この原作者の考え。

未だに明智光秀の年齢に関しては、謎が多いのです。

 

⒉なぜ本能寺の変は起きたのか? 

今も諸説さまざまあります。

が、このお話だと通説としてされてきた説が全く否定されている。

まさに新説。

読んでいくと十分に考えられます。

 

今の日本史のおおよその考えというか、特にドラマなんかになると大きく影響しているのが、

司馬史観

司馬遼太郎先生の小説で描かれた英雄たちが、そのままのイメージとして今のメディアにも登場している。

 

僕は司馬遼太郎先生の小説は大好きですが、

(いろんな文献をもとに)あくまで個人の想像で司馬先生が書かれているのであって、決してそれが全て真実とは思っていません。

小説は面白いよ。

国盗り物語とか、関ヶ原とか、面白いから、マジオススメ。

 

ここで、明智憲三郎さんは”明智光秀の子孫”として新説を提言しています。

これはこれで面白い。

 

信長の野望というゲームをやっていると明智光秀の能力の高さに本当に助けられたり、相手方に回ると手こずったりするくらい、超有能な武将。

彼がどんな思いで本能寺の変に至ったのか、この漫画を読むと「こんな視点も十分に考えられる」と思えてきます。

 

 

⒊ツッコミどころも 

 以前、大河ドラマでもありましたが、愛知県の図面を出すときは気をつけないといけないですよね。

知多半島の脇にセントレアの島が描かれてしまう事が何件かある。

これは戦国時代にはない。

これだけは真実とは違う。

 

こういうところも楽しむ要素にしていいよね。

 

⒋まとめ

歴史ロマンに思いをはせる。

ここから生まれる想像力、そして先人から学べる事。

歴史を学ぶということは趣味の範囲にあらず。

歴史から学び取れることはたくさんあるよね。

それが漫画でも。

 

そう思うよ。

 

つづく