なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

日記書いてますか?

ここ5年くらい毎日欠かさず日記を書いています。

 

一時期、日記専用のノートを購入し、気の向くまま書いていましたが、当時はミクシィで日記がわりのブログをしており、ノートに書くことはほとんどありませんでした。

 

その後はほぼ日手帳を使う頃に、1日一ページの利点を生かして、一言日記を書いていました。

しかしこれも情報の機密性(笑)のために、断念。

ほぼ日手帳自体も使わなくなりました。

 

平成27年頃にジブン手帳を使うようになってから、フリーで使えるノートの部分がありましたので、それに日記を書くように。

これが再開のきっかけでした。

 

平成28年にはいわゆる大学ノートに日記を書くようになり。

平成29年(2017年)から石原の10年連用日記帳を使うようになりました。

これが今、3年目。

 

 

日記はどんな事を書いているか。

・今の気持ち

・天気

・家族のこと

・心動かされたできごと

が主なこと。

日記帳には4行しか書くスペースがないため、簡潔に書くようにしています。

これが長く継続できている秘訣かもしれない。

 

日記を書くタイミングは、朝。

前日の振り返りをしながら、手帳を眺めて書く。

良いことも嫌なことも日記に残す。

特に嫌なことは吐き出すように書くので、ストレスとして自分自身に残らない。

 

そういう意味では、非常に良い効果があると実感している。

 

時々、育児というか、子どものことで気づきああったら、別のノートに書くということもしている。

ここには、

・事象

・原因

・転用(昇華)

の3つの事項を簡潔に書くようにしている。

特に転用については大事で、失敗したとしても、その後の対策として何ができるか、父としてどうサポートできるかを考える、良いきっかけになる。

 

このいわゆる育児ノートも、もう少し定期的に進めていきたいところではあります。

 

ところで、なぜ紙のノートに残す事をオススメするかというと。

“また読めるから”

あの時、どうんな気持ちだったのか、どう対処したのか、記録として残しておくと、自分自身への励みになる。

 

いつもいつも前進していると、振り返りの時間がどうしてもできない。

こういう時、ちょっとしたきっかけで、過去の自分を知る事で、思考停止が解除されることもあるし、新しい発想が生まれることもある。

 

SNSの発信も続けていくことは良いことだけど、手書きノートで残すことは自分自身の財産になるよ。

知の財産。

 

おススメです。

 

つづく