なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【一回目の育児休業】結構大変な事前調整と実態

一応、過去に2度育児休業をしました。

といっても、一人目は1ヶ月で二人目は3ヶ月。

長期ではないので、大して自慢できるわけではないですが、その時の経験を。

 

f:id:sp-nakacha:20190502181337j:plain

1.いつその意思を職場に伝えるか

これが一番重要です。

最初、ここでつまづきます。

 僕は、妻が妊娠し、安定期に入った頃、まず妻と相談し、いつ、どのくらいの期間やるか考えました。

その結果、当初は子どもが1歳になってから半年間 としました。

それをすぐに上司に報告。

上司からは時期をずらして3回くらい、「本当にやるんだよね?」って確認されました。

僕も「本当にやります。」と3回くらい返事しました。

 

2.本当にやる時期

赤ちゃんの成長の都合と、妻の職場復帰、法の制度上夫婦同時もOKといった事情があり、本当にやる時期は僕が単独で半年だったところ、共同で1ヶ月に変更しました

しかも、子が1歳になる月に1ヶ月。

この、子が1歳というタイミングが結構ポイントになってきます。

 

3.やる時期の直前に職場でやっていたこと

まず、最初にやると言ってから、上司から3回の確認があり、イベントを携わっていた部署にいたのですが、部署変更がされました。

そして、窓口部門になっていたのです。

繁忙期を過ぎてからちょうど1ヶ月のタイミングまさに育児休業のタイミングでした。

直前では、前倒しで何をしておくべきなのか周りのメンバーに確認。

1ヶ月抜ける迷惑をかけるので、極力他のメンバーに負担がかからないように頑張りました。

 

4.育児休業している時は

日中は妻にゆっくりしてもらって、僕が児童館に連れて行ったり、ご飯を食べさせたり。

夜もよく寝てくれる子なので、特に気遣うこともなかったですが、やはり外出時はかなり気を遣います。

カッコつけて表現すると、危機管理に強くなる!です。

あと、職場から離れているので、外から見た職場の景色というか、全体的に良いところ悪いところをよく見ることができました。

 

5.まとめ

1回目の育児休業では、ほとんど、”体験”みたいなカタチで終わってしまいましたが、やはり育児の大変さを知ることができたし、一人ではとてもやりきれないと実感しました。

このおかげで、平日の仕事はいかに早く帰ることが重要かと思い知らされました。

だって、クッソ大変なんだもん。子どもと向き合うのって。

お父さんにもできること、いっぱいあります。

それから、色んな人への感謝。

もっと小さい頃、大変な状態で二人っきりで子どもと向き合う妻への感謝。

僕のわがままを認めて育児休業させてくれた職場への感謝。

僕が全然上手くできないから、支えてくれたみんなへの感謝。

 

次は2回目の育児休業のこと書きます。

 

つづく