なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

両足攣る寸前の感動フィニッシュ。第10回穂の国・豊橋ハーフマラソン

毎年3月下旬といったら、穂の国・豊橋ハーフマラソン。

当日に、攻略法を公開したばかりでしたが、

www.nakachannel.life

そのとおりにいったかどうか。

では振り返ってみたいと思います。

 

1.スタート前

増田明美さん、金哲彦さん、小林祐梨子さんといったゲストの激励を聞く。

 これはなんだかイケそうな気がする!

この時点で知り合いにはちっとも会わない。

 

2.スタートから5kmまで

自己申告で2時間16分がベストなので、Eブロックから出発。

みんな同じくらいのペースなので、プレッシャーもない。

そして、2km手前で市電(路面電車)との並走。

市電の写真を撮ろうとしたら最後方からスタートしていた小林祐梨子さんが物凄い走りであっという間に僕ら鈍足ランナーを抜き去る。しかも写真撮りながらの余裕ぶり。

f:id:sp-nakacha:20190325055346j:plain

距離は違えども、トップランナーの走りを見させてもらいました。

その後、金哲彦さんにもあっという間に抜かれました。

 

予定時間どおり5km給水の到着。

手前の給水から混む。

奥は空いてる。早く水分補給したいけど、落ち着いて奥に行ったほうが良い。

 

3.5kmから10kmまで

5kmは牛川遊歩公園(通称1km公園)。

これが長い!でも沿道の人らの応援がものすごい。

頑張れる。

 

旧青陵街道も応援の人がいっぱい。

酒屋さんが私設エイドで甘酒振る舞ってた。

栄養補給に取っておきたかったが、逃す。

 

見通しの良い道路に入ると風が強い。

これが豊橋名物のあの風。

帽子が飛ばされそうなので、手に持つ。

 

給水所付近では、その近所に住んでいる後輩A子さんが声をかけてくれたので、ちょっとやる気復活した。

そして給水所。

ドリンクの他に、なんと、トマト!!!

f:id:sp-nakacha:20190325060151j:plain

 これは助かる。

手に5,6個持って走る。美味い!さすが豊橋のプチトマト。

程よい甘さが僕らを救ってくれる。

 

4.10kmから15km

ここも沿道の人からの応援がものすごい。

堤防の上を走っている時も、下からちびっこ達が「頑張れー」と言ってくれる。

歩くわけにはいかないけど、風が強い。

挫けそう。。。

そんな時、聞き覚えのある声が。。。

バレーボールの先輩B田さんだ。救護ボランティアで現地に立っていました。

応援ってすごいね。脚が動く。

15km給水はイチゴ。

15だからイチゴ。

f:id:sp-nakacha:20190325060646j:plain

少なく見えるけど、実際にはめっちゃありました!

お腹が空いたので、貪り食う(笑)

 

5.フィニッシュまで

16km付近で脚が止まり始める。

「ゆっくり走ろう」事前に話をしていた先輩に後ろから抜かれる。

この時砂糖みたいなのもらう。

歩道走ってる時も歩き出す人が増えてきた。

僕も心が折れかかっている。

そんな中、K藤さんが応援してくれてる。

そして、豊橋創造大の脇からの堤防。

噂では聞いていたがこれほどとは。。。

ものすごい風!

前に進めない。

脚が痛い。

でもフィニッシュまであと2kmちょい。

そこで登場、応援ゾーン。

キッズチアダンス見てたら、脚が痛いのに一緒に踊ってしまった。

そして和太鼓。気持ちが高ぶる。

和太鼓のN坂さんからも応援もらい、ゾーンを抜けたあと旗を持った別のN坂さんからも「あとちょっとだ!がんばれー!」と応援をもらう。

 

残り1km。

両足の太ももがプルプルなり始めた。

一度屈伸。

フィニッシュ近くということもあり、応援の人がめっちゃ多い。

これは頑張らなければ。。。

そんな時、後輩Yが声をかけてくれた。

カッコつけて余裕のフリ。

 

その勢いで豊橋陸上競技場に入りフィニッシュ。

サーラさんが振る舞ってくれたスープが美味しい!

そしてヤマサさんの豆ちくわ美味い。

 

6.まとめ

 ベスト更新どころか目標タイムにも届きませんでしたが、完走できたのは、沿道の応援や大会スタッフの心遣いがあったのが大きいなと思ってます。

本当に良い大会でした!

 

つづく