なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

日本一安全なマラソン大会と言ったら穂の国・豊橋ハーフマラソン

21キロのハーフマラソン、距離がある分、リスクもある。

 

毎年3月末にある穂の国・豊橋ハーフマラソン。

記念すべき第10回大会に始めてエントリーしました!

 

大会事務局はこの6年くらい(第5回大会から)、日本一安全なマラソン大会を謳っている。

その理由は

・AED25台以上配置

・救護ボランティアスタッフ100名以上

・走路員の高校生にも救命講習やってもらってる

・ランニングサポーター

・ドローンによる上空からの観察

・メディカルスタッフの充実(ランナーや回収車など)

があげられます。

 

ランニングサポーターって何?

簡単にいうと、走っていて、一番最初に異常に気づくのはランナー。

それを助けるっていうもの。

今回、僕はランニングサポーター枠で参加します。

 

ということで講習会行ってきました!

 大事なことは

 

 1.意識の確認

なければ119番通報やAEDの手配。

これは周りの人にも協力依頼。

ハーフマラソンは5000人ランナーが居るので絶対に誰か居るはず。

走路員もそこら辺にいる。

 

 2.救急隊が来るまで

ひたすら心臓マッサージ。

これお人形さん相手にやっても結構キツい。

ここで、相手に意識があると、手を退ける反応があるらしいです。

AEDが電気ショックする判断しなくても、意識がなければ続けるのだそうです。

 

結構重要なことでしたが、僕も無事完走できるように頑張るし、一緒に参加する人も笑顔で帰られると良いなと思ってます。

 

 

ちなみに、豊橋駅には巨大なパネルが登場。

f:id:sp-nakacha:20190318064003j:plain

気持ちが盛り上がってくるね。

 

つづく