なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【手帳】風邪を引いてしまった時は、気力体力の事情もあるので細かくやらない

もう風邪を引き始めてどれくらい経ったのだろう。

 

子どもから始まった我が家の風邪。

妻を経由して見事に一巡しているのですが、

咳が止まらないので正直なところ体力が削られます。

 

 

そんな時も毎日のルーチンとしての手帳チェック。

正直いつもみたいに順番にやっていくの嫌です。

気力体力ないので、できません。

 

ということで、こういう時にどうするかまとめました。

 

やっておくこと

1.日記

これは3日以上溜めてしまうと忘れてしまうので、せめて2日分だけでもかいておく。

メモ程度で、細かい描写はしない。でも、ちょっとだけでも記録しておけば読み返した時に「あぁ、あの時体調悪かったんだな」と振り返る事もできる。

 

2.グーグルカレンダーへの入力

体調が悪くても携帯電話は手放さないと思います。

新規予定は概要だけとりあえず入力しておいて、後で紙の手帳に落とし込む。

Timetreeというアプリのおかげでアラームも機能してます。

 

 

後回しにすること

1.手帳へのログ記入

週間がバーチカルになっているため、ログを書くのが結構楽しみではありますが、その時間は寝る・休養することに充てても差し支えない。

何もかいてない手帳を後で見て、「あぁ、この日は体調が悪かったんだな」と振り返る事ができる。

だからむしろ書かなくても良いかもしれない。

 

2.サブ手帳への転記

ポケットに収納しているサブ手帳。

これ、普段は役に立つけど、体調悪い時はそもそも人に会わないので、ここへの転記は復活してからでも充分。

そのためにグーグルカレンダーを活用しておくことにする。

 

3.メモ帳の中身整理整頓

これこそ趣味の真骨頂。

書くにしてもキレイに書かない。「あぁ、この期間は体調が悪かったんだな」と認識できる。

 

 

まとめ

まずは、「この時、体調が悪かったんだな」と判れば、大雑把でも良しとしましょう。

なにより健康第一。手洗いうがいは毎日やらないとね。

子どもが小さいうちは外から持ってくる可能性が高いから、子どもにも手洗いうがいはちゃんとやってもらおう。

こういう条件が揃ってないと、手帳活動を120%楽しめませんからねー。