なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

夏を先取り!貴船神社と川床!

パワーが足りない。

こういう時はやはりパワースポットへ。

 

 1.今回の行先は貴船神社

 

凄いよね。SNS全部やってるっぽい。 

 そして、おみくじはなんと、水に浮かべると浮き上がるというもの。

大凶があるらしいので、期待していました。

むしろ出てほしいと。

結果はなんと【大吉】

これは素晴らしい。

 

2.なぜ貴船神社か

それは、『気生根』

きふねという字。

気力が生ずる根源。

 

ちょっと元気がなかったとしても、ここでパワーを貰えば良いと思い。

そして、京都の北なので、涼しいだろうと。

 

予想は大当たりで、気持ちのいい涼しさ。

 

3.川床料理

雰囲気が素敵でしか無い。

f:id:sp-nakacha:20190618060542j:plain

f:id:sp-nakacha:20190618060632j:plain

f:id:sp-nakacha:20190618060716j:plain

 

気持ちのいい涼しさで美味しくお料理をいただきました。

 

4.その後の散策は

京都のまちなかに戻り、まずは素敵な服屋さんに。

 

 写真に写ってるのはモデルさんですね。

 

 5.今回の御朱印

f:id:sp-nakacha:20190618061200j:plain

貴船神社のほか、京都御所散策から帰る途中に見つけてた天満宮。

 

癒やしのパワースポットで、気力回復しましたー。

たまにはこういう事もいいよね。

 

つづく 

 

 

 

 

 

 

 

6月らしい自然を感じる機会を

6月といえば、上旬は菖蒲。

それから先は紫陽花やホタル。

 

という事で、ホタル観賞へ。

現場に到着した時に、ものすごい雷雨でした。

これは見れないかと諦めかけていたところ、雨は上がり、素敵な光のハーモニー。

 

ゲンジボタルの幼虫はカワニナしか食べないのだけど、

ヘイケボタルの幼虫は虫とかも食べるんだって。

 

そんなことを子どもと一緒に学びながら、素晴らしい時間を過ごしました。

 

ホタルがいつまでも見られるきれいな環境が色んな所にあると思うから、そういう場所を大切にしたいですね。

 

つづく 

 

 

 

 

 

ミスを減らすにはどうしたら良いのか徹底分析1

仕事でも日常生活でも、ミスはつきもの。

 

軽微な事でも、積み重なると大きくなるし、何より精神衛生上よくない。

 

 

1.ミスも経験

 これは、完全に自分自身に言い聞かせてるんですけど、こんな経験ができて良かった!

致命傷にはならなかった。運がいい!

そう思うだけでも経験値になります。

 

2.中間管理職なら気をつけておきたい

 こういったことを実現させるためにいちばん重要な事は、

確認作業!!!

これがどれくらい機能するかどうかがポイント。

 

3.過去を必ず振り返ること

 同じことを繰り返さないために、気づいたら即、振り返りを。

 

4.一人で抱えない

情報連携、横連携、伝達。

 

ほうれんそう。

 

いろいろありますが、一人で抱えない。

報告しながらやっていけば、みんなで注意し合える。

これも大事。

 

 

いい仕事していきましょう。

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育児】児童手当の現況届の時期と児童手当はどう使う?

国からいただいてる児童手当、けっこう助かりますね。

 

この手当って、毎年6月になると、現況届という書類を提出することになってるんだけど、これって何?って思う人も多いと思います。

f:id:sp-nakacha:20190611055355j:plain

紫陽花の季節になるとやるイメージ

これはズバリ

新年度の更新の手続き

です。

 

 1.なぜ6月?

これは所得をもって児童手当の判定をするから。

その前に壮大な5ヶ月間が存在します。

1月ころ企業や個人事業主が役所に給与支払報告書を提出

2月から3月、確定申告

3月下旬から5月、給与支払報告書や確定申告等を用いて役所が住民税を決定

 

一定の所得を超えると金額変わる。

そのへんの解説はしないので、ググってみてください。

 

2.現況届を出すには

市町村などから用紙が届くのでそれを書いて返信するだけ。

令和元年6月1日時点では、保険証のコピーや職場の年金加入証明が必要な場合も。

 

3.提出し忘れた場合は

気づいた時点で早く出す。

例えば認定の通知が来てないとか、10月に支払いが確認できてないとかだったら、役所に問い合わせると出てないとか教えてくれるはずです。

2年の時効で権利が消滅するともったいないですからね。

 

4.児童手当は何に使って良いの?

おむつ代やミルク代になってしまうことがあると思うけれど、それもそれで必要なこと。

理想は子どもが大きくなって進学したいとかなった時に、学資保険かなぁ。

なんにせよ、子どものために有効に使いたいですね。

 

つづく

【東三河】梅雨に突入だけど、水不足解消するのか?

いよいよ梅雨の季節になりましたね。

しかし雨がなかなか降らない。

ちょっとしか降らない。

屋外行事に影響出ないくらい降らない。

f:id:sp-nakacha:20190609052405j:plain

梅雨のイメージといったらこんな感じだけど。。。

 

そんな感じがします。

 

 身近なダムの貯水量の調べ方知ってる?

僕はいつも節水が気になると【リアルタイムダム】をチェックしています。

東三河の水がめ、宇連ダム

www1.river.go.jp

 

何年か前に本当にピンチだった時、台風だったか大雨だったかがあって、起死回生の回復を見せた事があったんですが、その時のみるみる増えてくのは感動モノだった。

 

節水中のみならず普段からやっておきたい

 そんなの基礎中の基礎と笑われると思いますが、基礎を忘れてはいけないなと。

 

いわゆる雨男

 実は、去年も屋外イベントではなく、屋内のしかも普通の飲み会も張り切って幹事をやっていたら、大雨で、いろんな対応しなくちゃいけなくなって中止になったくらいでした。

何か張り切る要素があったら、その時は天気悪くなるかも。

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【読書】説明は速さで決まる

一瞬で理解される「伝え方」の技術、知りたいと思いませんか?

 

僕は知りたいです。

だって時間がないもの。

 

いろいろとクドクド聞いた挙げ句、結局本題とか内容なんだっけ?ってなることありますよね。

 

今回読んだ本は、中村圭さんのこの本。

f:id:sp-nakacha:20190608061554p:plain

ツイッターでも、シンプルにわかりやすい発信をしてくれています。

 1.この本とツイッターのおかげで

 

2.感想もシンプルに

 

3.まとめ

この本から得たことは、普段の家族間での連絡や仕事ですぐに実践できるよ。

これからもスピード重視でやっていきたい。

 

つづく

 

 

 

【持論】勤め人男子が育休をしなければいけなくなる未来は必ずやってくる

・減少する人口

・会社の男女比が7:3から5:5へ

・機械化、AI化

この20年位はこういった事が顕著に出てきていると思います。

 

子どもとしっかり向き合うと、彼らも応えてくれるような出来事がありました。

 

 自分自身、疲れていたのもあったかもしれないけれど、こういう事があると嬉しい。

 

さて、育休についてですが、僕は一ヶ月以上はやるべきだと思っています。

それはなぜか、1週間とか2週間でも良い経験になりますが、

・正直時間が足りない

・体験程度で終わってしまう

・すぐに仕事に戻れてしまう

というイメージです。

 

特にすぐに”仕事に戻れてしまう”というのは良いことではあるんだけど、

一ヶ月以上休んで、パスワードを忘れたり、感覚的に忘れたり、いろいろと取り戻すのに時間がかかるあの感覚、僕は結構楽しめました。

 

というのも、仕事でなんとなく覚えていたことも、もう一度振り返りができるからです。

これ、めっちゃいいトレーニングになるよ。

しかも、一度一ヶ月以上も外に出ていて、視点も価値観も変わってるから、吸収力が違う。

これはやった人にしか無い感覚。

 

 

で、タイトルのことだけど、

いわゆる女性の活躍推進というここ数年の課題。

これは明らかに人口減少による働き手不足からきています。

女性も男性と同じように働く事が期待されている。

という現状があるのでしょう。

 

裏返してみると、

男性も女性と同じように家事育児頑張ることが期待されている。

ということなのではないでしょうか。

 

だから、今苦労している育休男子たち。

かならずそれが社会的にも実を結ぶ日が来るから、頑張ろう。

 

つづく