なかちゃんねる ~ヒロさんの雑談~

毎朝4時に起きる朝活のプロがゆるく語る日々の生活からの気づきを綴る雑記帳です。

【防災】台風が強烈すぎるから準備だけでも

台風19号の被害が甚大で、多くの人が被害にあいました。

謹んでお見舞い申し上げます。

 

さて、豊橋は早い段階から暴風域に入ったものの、被害はかなり少なかったです。

が、今回のことでもう一度確認しておきたい事がいくつかありました。

 

 ⒈水と食料

避難せず、自宅で過ごすと決めた場合、どれくらいあるか。

水はお風呂のお湯を抜かない。

ここが最初に気を遣うところでした。

 

食事の時はお茶でも良いので、ある程度あると気分転換にもなるから良いですよね。

お水は調理にも使えるし、何かと重宝するので、定期的に確認しておきたい。

 

お風呂の水は、いざという時にトイレを流す時に使えるから有効。

 

食料は、レトルトのものが市販されてるし、カップラーメンも良い。

そのほか、我が家にはおやつ用?のビスコの缶詰があり、それの賞味期限が2020年の9月となっていました。

 

⒉ハザードマップの確認

ほとんどの自治体ではハザードマップを作っています。

ハザードマップって何?

って思う人もいるかもしれませんが、

災害の被害が出るかもしれない地域

を教えてくれる地図です。

 

主に洪水とか高潮とか土砂災害とかいろんな可能性のあるものを示してくれています。

これを知ってると、どのタイミングで避難するべきか考えやすいと思います。

住んでる市町村名とハザードマップでググると大抵出てきます。

 

⒊避難所の確認

本当に危険になる前に、避難するべき人は避難を。

じゃあ、避難所ってどこ?っていう場合があるといけないので事前に確認を。

豊橋の場合だと、最初は市民館(一部除く)、大規模になると小学校というパターンが多いようです。

避難経路も、最小限の道でいけるように想定しておきたい。

 

⒋まとめ

20年くらい前まで、上陸時の勢力が975hPaでも「強い台風だな」と思っていましたが、今は平気で猛烈な勢いの930台で来ます。

いつ大きな被害が起こるかわかりません。

事前の備えって大事だなと痛感しました。

 

f:id:sp-nakacha:20191015055407j:plain

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

【ブログ】人のブログに出会うと新しい価値観に出逢える6

大型の台風が近づき、外出できないだろうという判断から、誰かのブログを見るきっかけが欲しくて、またまたツイッターで企画をしてみました。

 

f:id:sp-nakacha:20191014072148j:plain

  こんなツイートをしたところ、4人の方がご参加してくれました。

 

 ⒈家計のことどこまでも考える必要あるよね

どんな事も、小さな事からコツコツと。

老後にいくらお金が必要かわかりませんが、ちょっとずつ得する方法を選んで、そして活かして生活していきたいなと思わせられました。

 

学びが多いです。

 

⒉積立NISAは福袋

 名言がありました。

福袋。

しっかり状況把握した上で投資していけば、大幅に増えることがなくても、ちょっとずつ増える。そして非課税。

週一回千円でも良いのでやっても良いかもしれないです。

 

⒊おしゃれなお部屋が生活の質を高める 

 毎日どんな部屋で過ごしていますか?

明るいとかクールとか。

お金をかけなくても工夫で上手くいく場合も多いですね。

 

 

⒋英語学習もう一度やろうかな 

 そう思った時に、ちょうど運良くEmiruさんのブログに出会えました。

AIが発達しても、語学学習は続けたいと思いつつも、単語帳が開けない。

そんな時に読んだので、”ピコーん”ってきました。

やり直しできそうな気がします。

 

 ⒌ツイッターどう楽しむ?

人それぞれ楽しみ方のスタイルはあると思います。

が、きういさんのやり方、熱いです。面白いです。

有料ですので、そこのところはご了承ください。 

 

 

⒍まとめ

自分からどんな情報を探しにいくか迷った時こそ、こういったいろんな視点のブログに出会えるようにすると、良い答えが得られること多いですよね。

今回もたくさんの学びをもらいました。

ありがとう。

 

つづく 

 

 

 

 

 

【SDGs】誰一人取り残さないために動くこと

仕事の終わりにSDGs(エスディージーズ)の勉強会があるとのことで、参加してみました。

 

しかし、僕はそもそも

「SDGsってなんじゃい!?」

程度の知識。

聞いたことはあるけれど、意味は知りません。

 

 

 

⒈参加の動機は?

参加したみんなはしっかり学ぼうと思っていたと思いますが、僕はこれを知っていたら”モテる”かもしれないと思って参加しました。

 

職場の有志の勉強会ではありますが、なんと30人以上集まってる。

それだけ関心が高い事なんだ。 とびっくりしました。

 

⒉そもそもSDGsとは

ちょっと難しく表現すると、

2030年に向けた持続可能な地域開発。

英語表記だとSustainable Development GOALS

もう、ここまでで頭いっぱいですね。

 

なので、シンプルに変換します。

世界を変えるための17の目標を頑張りましょう。っていうもの。

 

で、その17の目標は、こんな感じ。

f:id:sp-nakacha:20191012070912j:plain

1貧困をなくそう

2飢餓をゼロに

3すべての人に健康と福祉を

4質の高い教育をみんなに

5ジェンダー平等を実現しよう

6安全な水とトイレを世界中に

7エネルギーをみんなにそしてクリーンに

8働きがいも経済成長も

9産業と技術革新の基盤をつくろう

10人や国の不平等をなくそう

11住み続けられるまちづくりを

12つくる責任つかう責任

13気候変動に具体的な対策を

14海の豊かさを守ろう

15緑の豊かさも守ろう

16平和と公正をすべての人に

17パートナーシップで目標を達成しよう

というものです。

 

普段の生活でここまで意識することってなかなかないですね。。。

 

⒊実際の学びとして

台風接近の中、国際連合地域開発センターの浦上奈々さんにお越しいただき、説明を。

 

さて、学ぶといってもずっと座学では正直飽きます。 

今、流行りの(?)カードゲーム登場!

f:id:sp-nakacha:20191012071613j:plain

まず、そのチームに目標を与えられて、それに向かっていく。

プロジェクトをこなして、世界の状況を変えていく。

 

というもの。

世界の状況とは ”経済”、”環境”、”社会”。

 

目標に向かってプロジェクトをこなしたり、他のチームと交渉したり。

そのプロジェクトをこなすと、自分たちだけでなく、世界の状況にも影響が出るというもの。

 

実際にやってみて、

前半、正直うまくいきませんでした。

後半、いろいろ”みんなで”動いてみました。

結果、良い感じで終了。

 

詳細はこれからやる人がいるとネタばれになってしまうので、これ以上はやめておきます。

 

⒋気づきとして

ゲームだからこそ気づけることがあり、

・目標を与えられると、そこに視点が集中してしまう

・社会や環境を良くするためには時間もお金もかかる

ということが一番大きい。

 

そして、僕たちの一つ一つの行動は、

世界とつながっている。そしてつながってしまっている。

ということ。

 

誰一人取り残さないために動けることなんだろう。

考えながら、何かやっていくしかないかな。

 

それは仕事でも私生活でも、意識すればちょっとずつ貢献できるはず。

今、生き抜くことも大事。

10年後どうしているのか描くことも大事。

バランスよく、いろんな人と対話して、協力して、または切磋琢磨して。

振り返ってみて、”ここまで良かったな”と自信を持って言えるようにしたいなと、強く心に刺激を受けました。

 今回の学びで、”モテる”かどうかの検証はこれからの行動でわかりますかね。

 

つづく

 

【朝活】台風(体調)との付き合いも必要になる場合がある

今年最大級の台風が近づいています。

 

f:id:sp-nakacha:20191011062424j:plain

ツイッターをみていると、

”台風が近付いていているせいか、気圧の関係で体調が悪い”

というツイートを散見します。

 

これ、どうしたら良いのか。

 ⒈気圧病というものがあるらしい

知り合いのドクターから助言をいただきました。

専門の医師もいるらしいです。

www.tenkitsu-dr.com

なんと外来予約は一年待ち。

 

猫が顔を洗うと、、、

とか

古傷が痛むと、、、

っていうじゃないですか。

こういうのは天気によるものもあるとのこと。

 

⒉台風が近づくと

僕の場合、バレーボールをやってた頃は、膝と腰が痛みました。

今は専ら頭痛。

こういう時は、大きな活動はできません。

 

⒊今までしてきた大言壮語も 

体調が悪くてはどうしようもありません。

体というか自分自身を整えて、今できる最高のパフォーマンスを引き出す活動をするように、朝活のパターンを考えておいた方が良いでしょう。

 

⒋まとめ

朝の時間、本当に貴重だからいかに有効活用するか。

天気や体調との付き合いも踏まえて良い時間を過ごせるようにしたいですね。

 

つづく

 

 

 

 

 

【育児】子どもの幼稚園送り

家庭の事情で、月に数回幼稚園に送る当番をしています。

 

とは言っても、園バスが来るので、その場所まで送るんですけどね。

f:id:sp-nakacha:20191009083054j:plain

ここで大事なことがいくつかあります。

 ⒈仕事の調整

幼稚園があるということは、平日。

お父さんもお母さんも働いている人が多いと思います。

僕も働いています。

 

その時に大事なことは、職場の人に伝えること。

僕はいつも、

「いつもの家庭の事情で出勤が遅れます。」

と伝えています。

 

いろんな打ち合わせもその分時間調整したりしています。

これも、日頃からのメンバーとの関係性が大事だと思っています。

 

⒉子どもの準備

僕が送るということは、子どもの準備を手伝うのは基本的に僕しかいません。

朝、起こすところから始まります。

ということもあり、前日は早く帰らないといけないし、朝も自分の準備はあらかじめある程度済ませておく必要があります。

 

ここは、前倒しややらなくても良いことをダラダラとやらない。

ということがポイントになります。

 

年長さんくらいになると自分で全部準備できるものの。。。

年少さんの場合は、ある程度のアシストが必要。

「次は何をするのかな?」

と問いかけながら進めていきます。

 

⒊いよいよバスがくる時間

NHK教育の番組を基準に、バスがくる場所に向かうのですが、今はとっても便利。

なんと、アプリでバスの位置がわかる。

大体どの辺か把握したうえで家を出発すれば良いので、暑い時期寒い時期もある程度計算して出ることができます。

便利〜。

 

⒋まとめ

子どものことも見ながら自分のこともする。

それなりに仕組みを作るとか、考えるとかしていかないと上手くいかない。

赤ちゃんの時とは違って、気を遣うことあるよね。

ここは成長のチャンスだと思ってやっていく〜。

 

つづく

 

 

 

 

【手帳】繁忙期にどこまで使いこなせるか

手帳活用は本当に楽しいし、難しい。

 

毎年悩ましい活用法。

 

f:id:sp-nakacha:20191008064131j:plain

今日は身近な人から聞いた手帳活用例です。

 ⒈繁忙期も閑散期も影響なしの使い方

後輩で仕事がすごく出来る人物がいて、彼の手帳は、キャンパスダイアリー。

すごいよね。

ついついウィークリーとかに何か書き込みしたくなっちゃうのだけど、最小限のマンスリーのみ。

しかも、A6サイズだからコンパクトに持てて、ノート自体も薄い。

マンスリーにはびっしりと書き込みが。

 

それだけで充分なのかもしれないという衝撃を受けました。

 

⒉ウィークリーにひたすら予定を書き込むタイプ

次の人です。

本当に予定しか書かない。

ログはむしろ残さない。

ただし、予定が全て正確に入っているため、ログを残さなくても、その予定が結果になっているパターン。

 

すごいよね。

きっちりした性格じゃないとできないね。

何かの拍子でズレた時も大丈夫なように”余白の時間”も取ってありました。

 

⒊全てをGoogleカレンダーで

これも一つの手段だと思う。

スマートフォンのバッテリー次第だけど、ペンと手帳を持つという手間を省いた形。

メモも取らず、ボイレコ機能をフル活用。

または、エバーノートにブルートゥースキーボード使ってガチャガチャ入力したり、Googleカレンダーの詳細書く欄にガチャガチャ入力したり。

これは徹底していると面白いかもしれない。

 

⒋ちなみに僕の手帳は、、、

ウィークリーがバーチカルのとっても使い勝手の良い手帳なのですが、、、

マンスリーに予定を書くことで精一杯になっています。

ウィークリーのページには職場で休む人のメモがあったり、時々ログを書いたり。

後半戦になって、いわゆる繁忙期になると全く使いこなせないのはこの10年くらいの課題。

とても良い手帳なのに、もったいない。

もう少し手帳と向き合う時間を。。。

と思っているところです。

 

ただし、ログはきっちり書かなくても、日記は毎日書いておりますので、振り返りはできている。つもりです(汗)

 

ウィークリーに埋まってないと何かストレス〜、ってなるのが嫌なので、来年の手帳は思い切ってマンスリーのみの物にしたのでした。

 

もう一度行動を見直しして、手帳の活用を再考しなければと自省中です。

 

面白い手帳活用方法を見つけたらまたお知らせしまーす。

 

つづく 

 

 

 

 

 

 

【育児】この時期気をつけておきたいアイツの存在

秋ですね。

朝晩の涼しさは良い感じです。

 

さて、こんな時は外出も楽しくなります。

 

例によって、釣りに出かけました。

 ⒈まずはエイ

あいつ、我々が狙ってるハゼを食べちゃうからね。

しかも釣ったところで毒針あるし、調理難しいし、百害あって一利なしとはまさにこの事。

 今回も、結構やられて、頭だけのハゼが釣れる事もありました。

 

⒉堤防

子どもが興味本位でギリギリまで行くので、細心の注意が必要です。

落ちたら大人なら多分立てる深さと思われるけれど、子どもは厳しい。

しかもエイがいるから結構怖い。

 

f:id:sp-nakacha:20191007063041j:plain

⒊スズメバチ

こいつがメインイベンターです。

 最初の一匹目は様子がおかしく、自分から海に飛び込んでしまいました。

しかし、その後の二匹目は怖かった。。。

急に飛来したからね。

 

子どもが妻の帽子を手に取ってる瞬間を見た時は戦慄でした。

帽子にスズメバチがおらず、地面にいたのだけど、

「早く母ちゃんのところに逃げろ!」

と声をかけ、一件落着。 

 

 ここで思ったことは、、、

 スズメバチ一匹が相手の場合、どうする?

巣の近くで大量に飛んでいたら離れるだけだけど、一匹だけ。。。

 

今月一ヶ月は要注意して過ごすようにしないとね。

一番どう猛な時期らしいよ。

 

つづく